In Love with Knitting again

趣味の編みものの話です。

進捗:Astrid (2)

2月後半に寝込んで丸1週間編み針触るのも億劫な期間があり、春前にアウターとして着るという目論見は外れつつありますが。。それでも隙間時間に編んで、袖2本目に入りました。

f:id:harupomme:20180309212746j:image

Raverlyのprojecgt noteを見て、パターンのサイズ=自分のサイズと思って編んだら巨大になってしまったという話を参考に一番小さいサイズで編んでいるので、思ったよりはぶかぶかにならず、今のところジャストくらいのサイズ感です。Lopiのニットは使っていくうちに伸びるという話も目にするので、ブロッキング前で既にぶかぶか、、よりは良いかと思っています。

今月中に前立て編み終わるくらいまでは仕上げたいです。

使っているAlafoss Lopi、普段使っているメリノ等の柔らかさと弾力が売りの毛糸とは全く違ったワイルドでシャキシャキした感触で、最初は驚きましたがだいぶ慣れてきました。糸自体にあまり伸縮性がないので、引っ張らずに編み目に糸を置いていくつもりで編んでいくといい感じです。編み地にすると毛足が絡まってふわっとした手触りになり、また違った表情となります。水通ししてどのように変化するか楽しみです。

余談ですが、以前は硬めで取り回しに困ると思っていた野呂の糸たちが、実はかなり柔らかいほうだったと改めて気付きました。複数プロジェクト同時進行でとっ散らかして罪悪感もありつつ、色々な素材に触れるのは経験値が上がって勉強になります。