In Love with Knitting again

趣味の編みものの話です。

大物と4インチの針先(続続々 Hiyahiya付け替え式輪針の話)

今週のお題今年買ってよかったもの」だそうで、ちょうど付け替え式輪針の話を書こうとしたら表示されてきたのでポチっと。

f:id:harupomme:20171209062246j:image

編み物を再開したいと思い立ったのが年の初めごろ、道具を探し始めて、ン十年前に使っていた竹の2本針、5本針、太いケーブルの輪針の印象しかない私の心理的ハードルを下げたのが付け替え式の輪針でした。

輪編み以外にも用途があることも主に海外のソースを当たって知りました。平らなものを編む時も、2本針を持ち替えるかわりに両端から往復で編んでいけば、編地が成長してもケーブルのほうに溜まっていくので針に全体の重みがかからず腕が楽です。

初期投資はちょっと高くつきますが、これがあるおかげで用途ごとに同じ号数で種類の違う針を揃える、収納するという手間からほぼ解放され、また針が1本に繋がっているのでカチャカチャ言わせながら何本も持ち歩いたり、なくしたりの心配が減ってよかったと思っています。最初の頃緩みやすいのでは?と心配したのもグリップで締めれば問題なしと分かりましたし。お陰で?すっかり編み物にはまって毛糸に散財してますが(笑)

購入したHiyahiyaの針先はステンレスで、金属なら他のメーカーので真鍮などもあったようですが、手につくにおいがあまり好きではなく、同じ金属のなかではあまり迷いませんでした。これをメインで使ってその内竹か木製をスペアで買うかもですが。まだ先かな。

で、本来書こうと思っていた4インチの針先で大物を編んだら、という話です。私は針の長さが手のひらの横幅に収まるくらいが丁度良いと感じるのでまぁ満足しています。

5インチと比較したことがないのでどちらが絶対ということが言いづらいですが、編み地は膝かテーブルの上に置いて、手元でチクチクというスタイルの人であれば、ウエアや他の大物を編む用にも短い4インチをすすめるかなあ。

時々、手元で編み地を送るのが億劫と思う時もありますが、針に編み地の重みがかかることよりは針先が短いほうを選ぶ派です。

そんなこんなで今年買ってよかったものは、付け替え式の輪針セットです。