In Love with Knitting again

趣味の編みものの話です。

成り行き任せで

最初に小物中心、と書いたのに結局蓋を開ければウェアの話が中心になってしまって、だいぶグダグダしていますが、、まぁ結局ニーズがあるところに落ち着くのでしょうね。

海外パターンで高級糸を使って素敵なショール、最初は憧れたのですが、まず小さい子供のいる生活だと巻いたものが解けてくるのは避けたいので外では使わない。寒くなれば子供に鼻水つけられるかも(笑)。満員電車に乗って暑くなったときも取るのが大変。でもオフィスに置いておくなら多分あり?とすると、今塩漬けしかかっているKraka shawlをゆっくり仕上げればいいかな。今は編む時間も限られているし。

あと、shawlでこの糸量使うならウェアができちゃうかも、、位の大きさのが多くて、だったら実用面でウェアに軍配と思ってしまう部分もあります。

・・・と色々制約の中でおしゃれを楽しむには、、と考えた結果、残るのはウェアと解けてこない小物(笑 カウル、帽子、指なしミトンなど)かな~~。子供も結構好みを言うようになったので、子供用には本人が欲しがったときだけ小物を編むことにします。

というわけで、子供のウェアと小物で少し手慣らしはしたので、今後は自分のウェア中心に編んでいこうかと思っています。素敵なショールは子供が大きくなるまでお預けです。さ、せっせと在庫消費。。。このペースではもはや3年ぶんくらいあるんじゃないか? しかもまだこれから届くものが。。考えないようにしよう。