In Love with Knitting again

編み物の話と日々の雑感。時々読書記録。

製作中: Kraka shawl (続)

先日の輪針の針先外れ事故からどうにか立ち直り、形を成してきました。

f:id:harupomme:20170406231102j:imagef:id:harupomme:20170406231120j:image

葉っぱ模様(ということにしておきます)一区切りまでは編み切らないと途中で分からなくなるという危うさはありますが、要領が分かってきて、間違いは減った気がします。掛け目をする場所と両端・中央線のところを間違わなければあとは連続模様なので、さくさくと。。 

でも最初パターンとにらめっこ状態のときは、模様の繰り返し回数を指示する部分が最初の2段のみ、あとは特に指示書きもなく、この長さになったら縁編みね、といきなり飛ぶので、一瞬迷子になりました。特に書いてなくても表側1段ごとに1回増やした回数で繰り返せってことなのね。。。まだまだ勉強です。

一応、編める日はひと模様ぶんは編んで終わりにするようにしています。中心線の部分高さ約60cmになるまでは模様編みを繰り返すようにとの由。ゲージぴったりじゃない人は縁編みの目数を調整するのかな。まぁそれでもウェアみたいに大問題にはならなさそうですが。

先日来、1段編んだら針先を締め直すようにしているので、同じような事故はおきていないです。これを良しとするのか気にするのか。Carry Cは外れにくいと聞きますし、US 4mmくらいの太さならそっちを検討するのもありかもしれませんが、最近編み物関連で散財しまくっているので😓、しばらくはアリモノで続けてみるつもりです。